リセマラ どうぶつの森


この記事では「どうぶつの森 ポケットキャンプ」のリセマラの方法や、課金アイテムとその使い方を紹介する。
スポンサードリンク

リセマラ/課金アイテム情報


リセマラの仕方は?

どうぶつの森ポケットキャンプにはそもそもガチャが存在しないようだ。

そのため、いつものソシャゲのようにリセマラ(リセットマラソン)をする必要はない
すぐにゲームを始めることができるぞ!


課金要素はあるの?

どうぶつの森ポケットキャンプにはガチャが無いとは言ったが、やはり気になるのは課金要素だろう。

ポケ森には課金要素はもちろん存在するぞ。
キャッシュポイントを作らないと会社として、商売として成り立たないからねw

ということで、課金して出来ることを以下にまとめた。


課金アイテム紹介

課金アイテム金額
リーフチケット×20120円
リーフチケット×45240円
リーフチケット×100480円
リーフチケット×200?
リーフチケット×600?
リーフチケット×1200?
72時間限定セット
リーフチケット×40
とあみ(海)×1M
とあみ(川)×1
ミツ×1
120円



リーフチケットとは?

どうぶつの森ポケットキャンプ

リーフチケットは様々な場面でプレイヤーが有利にゲームを進められるようになるためのアイテムだ。
リーフチケットの用途はこのようになっている。

  • 家具製作の時間短縮
どうぶつの森では家具を作るのに時間がかかる仕様だ。

しかしこのリーフチケット使用することで、
製作時間を一気に0まで短縮することが可能になるぞ。


  • 限定品の家具を手に入れる
どうぶつの森ポケットキャンプ

これでこそソシャゲかw
期間限定の家具をリーフチケットを使用することで購入することができる。

任天堂め!抜け目のないやつだ!


  • キャンピングカーの見た目を変える
どうぶつの森ポケットキャンプ

こちらもザ・ソシャゲ要素。
キャンピングカーの外装を変えることでオリジナリティーを出そうってことだ。


  • 釣りや虫採りでも活躍
どうぶつの森ポケットキャンプ

リーフチケットで購入出来るとあみみつはそれぞれ釣りと虫採りで活躍する。

とあみを使えば魚がいつもよりも大漁に。
みつを使えば虫がいっぱい採れるようになる。


まとめ


以上のことからガチャ要素が無いためリセマラは存在しない。

しかし、課金要素は存在する。
課金アイテムでは家具の製作時間短縮、釣りや虫採りでの大量確保、限定家具の購買、キャンピングカーの外装変更が可能になる。



関連記事
スポンサードリンク


ゲームアプリ紹介コーナー

  • テリアサーガ
▲ダークホース的新作RPG「テリア・サーガ」がリリース!

5月後半にリリースされたスマホRPG「テリアサーガ」。

こちらは無課金にもかなり優しい。というのも、チュートリアルで10連ガチャを引けて、プレゼントの意思を回収すればSSR確定ガチャを引けて、3日ログインとチャレンジをこなせばSSR確定チケットを合計2枚手に入れられる。

そしてゲームシステムも量産型スマホゲームから脱却を目指したものになっていて面白い。詳しくは個別レビュー記事で。

▶︎テリアサーガのレビュー記事を読む



  • キングスレイド
▲超本格派大迫力のリアルタイム3DバトルRPG「キングスレイド」を体感せよ!


「キングスレイド」はキャラ1体あたり約5000円で購入出来るやや大人向けのゲーム。キャラをガチャで手に入れるゲームとは異なり、5000円払えば確実に手に入るので、優しいといえば優しい。

ただ、ゲームをしていれば無課金でもキャラを手に入れることは可能。3週間で1体というペースでキャラを中に引き入れることができるので、課金は時短だと思ってほしい。

▶︎キングスレイドのレビュー記事を読む



  • アズールレーン

戦艦が擬人化したシューティングゲーム「アズールレーン」。ただシューティング要素がメインではないと言っておく。このゲームはキャラを可愛がり、愛するゲームだ!

キャラの獲得はあの艦これと同じで、「建造」によって獲得できる。消費するのはルビーだが、こちらもデイリーミッションなどで毎日獲得できるので無課金でも全く問題ない。

課金するとしたら「衣装」だろう。キャラをさらに可愛くさせたり露出度アップさせたりとにかく「愛」がキーワード。

▶︎アズールレーンのレビュー記事を読む



  • キャラバンストーリー

異なる種族が交わるRPG「キャラバンストーリー」。

プレイヤーは最初に種族を選び、選んだ種族によってストーリーがガラリと変わるゲーム性だ。人間を選ぶか、ドワーフを選ぶか、はたまたエルフを選ぶかは君次第!

少しだけMMOっぽい王道RPGです。

▶︎キャラバンストーリーのレビュー記事を読む