アナデン 評価 イオ


初期ガチャ排出星4キャラ「イオ」の評価/スキル/VC/使い道をまとめた。
スポンサードリンク

イオの基礎ステ/評価/スキル/VC/使い道について


イオの基礎情報


武器種
属性地属性
クラススラッシャー(★3)
アマゾネス(★4)
天or冥
パーソナリティ



イオの基礎ステータス


レベル1レベル60
HP2302740
MP62219
腕力20130
知性18112
耐久18117
精神20113
速度22101
幸運24116



イオのVC


レベルセリフ効果
落ち着けみんな!あと自分!味方全体に腕力15%アップ(1ターン)
全力だせば絶対平気!味方全体に腕力25%アップ(1ターン)



イオのスキル


技名MP効果
アッパースイング20敵単体に斬攻撃(小)
+地属性耐性15%ダウン(3ターン)
+気絶を付与
ロックスラッシュ12敵単体に地属性の斬攻撃(小)
ブレイクアクス28敵単体に斬攻撃(中)
+斬耐性20%ダウン(3ターン)
クラッシュアクス22敵単体に地属性の斬攻撃(中)
ショックアッパー(★4)40敵単体に斬攻撃(大)
+地属性耐性20%ダウン(3ターン)
+気絶を付与
アースブレイカー(★4)32敵単体に地属性の斬攻撃(大)



イオの評価/使い道


評価72/100点

イオは初期ガチャ排出星4キャラで、地属性の物理アタッカーだ。


VCは「味方全体に腕力25%アップ(1ターン)」というもので、アタッカー向けのものだ。基本的にイオは前衛で戦うことが多いので、そこまでVCを多用することはないだろう。おまけ程度に考えてくれればいい。

ただ、物理主体のパーティーでザコ殲滅させるときに、

最速キャラとイオを交換→イオのVCで腕力バフ→他の味方3人が物理全体攻撃でザコ殲滅

といった使い方もできるので覚えておこう。


スキル構成を見ると、
アースブレイカーで地属性ダメージ(大)を与えることができる。地属性が弱点の敵にはかなり有効だ。

ショックアッパーは属性はないがダメージ(大)で地属性耐性20%デバフと気絶を付与させることができる。地属性パーティーを組んだ時はこれで火力アップを見込める。FEARと戦う時に気絶も役にたつ。

ブレイクアクスでダメージ(中)を与えつつ、斬耐性20%デバフを付与させることができる。パーティーに斬属性キャラが多い時はこちらも多少は有効。


使い道は、VCを利用した火力アップサポート、地属性アタッカーとして編成。

獲得/育成優先度は星4キャラの中では並。


イオのクラスチェンジ素材


記憶の書必要数
囁きの書30
祈りの書10
アマゾネスの書
※アマゾネスの書は、アナザーダンジョンの月影の森/時層回廊で入手可能



イオとの出逢い

イオ 評価 アナデン 出逢い

関連記事
スポンサードリンク

ゲームアプリ紹介コーナー

  • アイアンサーガ
▲6年の月日を捧げ...ついにロボRPG「アイアンサーガ」がリリース!

中国の会社が6年の月日をかけて制作したゲームがこの「アイアンサーガ」。

キャラ絵とロボの魅力がたっぷり詰まったゲームだが、リリース当初は評判も良くはなかった。

しかし、ストーリーが尻上がりに良くなっていって面白いと話題に!じわじわ人気が復活していっている珍しいゲームだ!詳しくは個別レビュー記事で。

▶︎アイアンサーガのレビュー記事を読む



  • P.E.T.S.アカデミア

カワイイケモナー女の子キャラが動く!ライブ2D搭載でよく動くからとにかくカワイイ!

キャラ獲得にはまさかの艦これスタイル「建造」システムだ。無課金でも楽しめるのでグッド。

戦闘はオートバトルで移動中や作業中にプレイできるので忙しい人でも楽しめるぞ!

▶︎P.E.T.S.アカデミアのレビュー記事を読む



  • キングスレイド
▲超本格派大迫力のリアルタイム3DバトルRPG「キングスレイド」を体感せよ!


「キングスレイド」はキャラ1体あたり約5000円で購入出来るやや大人向けのゲーム。キャラをガチャで手に入れるゲームとは異なり、5000円払えば確実に手に入るので、優しいといえば優しい。

ただ、ゲームをしていれば無課金でもキャラを手に入れることは可能。3週間で1体というペースでキャラを中に引き入れることができるので、課金は時短だと思ってほしい。

▶︎キングスレイドのレビュー記事を読む



  • キャラバンストーリー

異なる種族が交わるRPG「キャラバンストーリー」。

プレイヤーは最初に種族を選び、選んだ種族によってストーリーがガラリと変わるゲーム性だ。人間を選ぶか、ドワーフを選ぶか、はたまたエルフを選ぶかは君次第!

少しだけMMOっぽい王道RPGです。

▶︎キャラバンストーリーのレビュー記事を読む