アナデン 評価 イオ


初期ガチャ排出星4キャラ「イオ」の評価/スキル/VC/使い道をまとめた。

【PR】
2019年の最後の大作RPGが満を喫して登場!


・10月25日にリリースされたばかりの最新RPG!!

・FFレベルの作り込みでめちゃくちゃ面白い!!

・インストール後すぐにSSRユニット確定10連ガチャが引ける!

・王晶石600個とSSR確定ガチャチケットももらえる!



王道RPGだからソロでじっくり楽しめるぞ!是非この機会にプレイしてみてくれ!





イオの基礎ステ/評価/スキル/VC/使い道について


イオの基礎情報


武器種
属性地属性
クラススラッシャー(★3)
アマゾネス(★4)
天or冥
パーソナリティ



イオの基礎ステータス


レベル1レベル60
HP2302740
MP62219
腕力20130
知性18112
耐久18117
精神20113
速度22101
幸運24116



イオのVC


レベルセリフ効果
落ち着けみんな!あと自分!味方全体に腕力15%アップ(1ターン)
全力だせば絶対平気!味方全体に腕力25%アップ(1ターン)



イオのスキル


技名MP効果
アッパースイング20敵単体に斬攻撃(小)
+地属性耐性15%ダウン(3ターン)
+気絶を付与
ロックスラッシュ12敵単体に地属性の斬攻撃(小)
ブレイクアクス28敵単体に斬攻撃(中)
+斬耐性20%ダウン(3ターン)
クラッシュアクス22敵単体に地属性の斬攻撃(中)
ショックアッパー(★4)40敵単体に斬攻撃(大)
+地属性耐性20%ダウン(3ターン)
+気絶を付与
アースブレイカー(★4)32敵単体に地属性の斬攻撃(大)



イオの評価/使い道


評価72/100点

イオは初期ガチャ排出星4キャラで、地属性の物理アタッカーだ。


VCは「味方全体に腕力25%アップ(1ターン)」というもので、アタッカー向けのものだ。基本的にイオは前衛で戦うことが多いので、そこまでVCを多用することはないだろう。おまけ程度に考えてくれればいい。

ただ、物理主体のパーティーでザコ殲滅させるときに、

最速キャラとイオを交換→イオのVCで腕力バフ→他の味方3人が物理全体攻撃でザコ殲滅

といった使い方もできるので覚えておこう。


スキル構成を見ると、
アースブレイカーで地属性ダメージ(大)を与えることができる。地属性が弱点の敵にはかなり有効だ。

ショックアッパーは属性はないがダメージ(大)で地属性耐性20%デバフと気絶を付与させることができる。地属性パーティーを組んだ時はこれで火力アップを見込める。FEARと戦う時に気絶も役にたつ。

ブレイクアクスでダメージ(中)を与えつつ、斬耐性20%デバフを付与させることができる。パーティーに斬属性キャラが多い時はこちらも多少は有効。


使い道は、VCを利用した火力アップサポート、地属性アタッカーとして編成。

獲得/育成優先度は星4キャラの中では並。


イオのクラスチェンジ素材


記憶の書必要数
囁きの書30
祈りの書10
アマゾネスの書
※アマゾネスの書は、アナザーダンジョンの月影の森/時層回廊で入手可能



イオとの出逢い

イオ 評価 アナデン 出逢い

関連記事


ゲームアプリ紹介コーナー

  • ソウルアーク
▲封神演義がモチーフの爽快コマンドRPG!

大型アップデートでUIやUXが大幅に改善された『ソウルアーク』

今始めれば11連ガチャを最大30回楽しめる選別召喚ガチャを引ける!!

ソロでのストーリー攻略に加えてPvP・ギルド・レイド・釣りなど様々なコンテンツが楽しめるぞ!


  • ラストクラウディア
▲人と魔獣の絆の物語『ラストクラウディア』がヤバイ!

ラストクラウディアは3D背景と2Dドット絵のキャラを組み合わせた懐かしさを覚えるコンシューマーっぽさを感じるRPGだ。

序盤こそ単調なゲーム性だが、中盤以降までプレイするとドンドン楽しくなっていく。なぜなら育成にその秘密が隠されていて、「アーク」という装備が関係する。

「アーク」に封じられているスキルや魔法を解放することで、それを装備したキャラがそのスキルや魔法を使えるようになる。これはつまり、ソシャゲ特有の「キャラ毎の属性」を撤廃していて、自分の好きなキャラを自分の好みにカスタマイズできるというわけだ。

序盤の不自由さこそマイナスの点だが、進めていけばそれを上回る楽しさがあるのでぜひ遊んでみてほしい!


▶︎ラストクラウディアのレビュー記事を読む

  • アッシュアームズ
▲新たな擬人化美少女ゲームがやってきた!

中国から再び擬人化系の美少女RPGがやってきたぞ!その名も『アッシュアームズ』だ。

アズールレーンやドールズフロントラインのようなゲームが好きな人は是非これも遊んでみてほしい!