100日攻略記Part1


ダンジョンメーカーで難易度10までの攻略記を書くことにしました!

難易度「ふつう」はすでにクリアしているので、「難しい1」からのスタートとなります。

記事の前にちょっとだけ見てくれ
革新的!超スマホアクションゲーム『ハンドレッドソウル』を体感しよう!
2017090801-2.jpg
スマホアプリの限界を超えたアクションゲームが満を喫して登場!

とんでもねー映像クオリティにヌルヌル動くアクション、そしてゴリ押しやオートでは勝てないため戦略性やプレイヤーの腕が試される本格派のゲームだゾ!

リセマラ不要のゲームで無課金でも普通に強くなれるから、今すぐアクションを遊びたい人はやってみてくれ!


↑タッチでストアに飛べます↑

管理人の攻略記「難しい1」編


選択魔王

フロリア

魔王はフロリアレベル6で攻略することに........

........と言いたいところだが、実はフロリアで4〜5回くらい「難しい1」に挑戦したんだけど、下手くそなのか何なのか、80階前後で突如魔王部屋に入ってきた勇士どもにボコられて毎回やられるw なんでやー!w

引き継ぎが施設1つのみでモンスター引き継ぎなしなのがちょっとキツいってのもあるけどさすがに「難しい1」で詰むっておかしいやろ...

そう考えた管理人はフロリアだかクソリアだか知らないけどこの使えない魔王か弱い魔王を諦め、別の魔王を手がけることに!


新たなるパートナーはキミだ!

レベッカ

レベッカたそ〜〜〜〜

レベル1レベッカをとりあえず育てることに。さすがにレベル1では中盤でゲームオーバー。さらにレベル4でもゲームオーバー。そしてこの画像、レベル6での挑戦。


施設引き継ぎ

施設引き継ぎは「巨大化部屋」を選択。まともな施設は他にないからねw


展開が味方をする

攻略中の画像が今回は少ないので途中経過の詳細画像を載せることができなくて残念だけど、施設の運が良かった。「巨人化部屋」が引き継ぎと合わせて3つに。そして商人パネルで特殊改造して「双頭巨人部屋」を作ることに成功!


さらにクレオパトラを手に入れる

クレオパトラは融合させることで手に入れられるモンスターの1人(解禁必須)。素材は3体必要だがなんとか揃ったので商人パネルで融合して確保!


ボス部屋にほとんど勇士が入ってくることなく100日へ到達

ダンジョンメーカー 評価レビュー

100日到達時のダンジョン状況がこちら。前1列が罠。「氷矢」で鈍化を与えて勇士の動きを鈍らせることで、一気になだれ込むのを防ぐようにした。

他は全て戦闘部屋でごり押し!各部屋で戦っている勇士をレベッカの権能2で攻撃しつつ恐怖を与えてスキルを封印する。双頭巨人部屋と巨人部屋のモンスターはやはり鉄壁でまず死ぬことはないね。

クレオパトラには長髪の盾を装備させて出来るだけクレオパトラに勇士が向かうようにした。

とりあえずこれで難しい1を100日クリア!魔石も20個確保したのでオリジナルパックを引くぜ!


オリジナルパック開封1回目

100日攻略記Part1

施設の継承キターーーーーー!!

ってことでこれは迷わず施設の継承を選択。ありがてえ!



オリジナルパック開封2回目

100日攻略記Part1

ぬぬぬっ。これはホワイトパンたそを解禁でよろしいな?迷わずポチーっw



「難しい2」に向けて

次回は「難しい2」を攻略していくわけだけど、とりあえず魔王はレベッカを強化していく方針で行くことにする。

フロリアは........ナオキです。

次回からはもっと画像多めで行くのでよろしく!




ダンジョンメーカー攻略wiki・まとめページ


「難しい1」編「難しい2」編
関連記事

グランドサマナーズは「今」がチャンス!

↑9月31日まで大人気漫画『ワンパンマン』とコラボが開催中!

今から始めれば新規プレイヤーはワンパンマンのコラボキャラを確定で1体ガチャで引くことが出来るゾ!

しかもそれだけでなく、10日間は毎日最大100連ガチャを無料で引くことが出来るのでガチャを引いて楽しみたい人はぜひ遊んでみてくれよな!


ゲームアプリ紹介コーナー

  • ソウルアーク
▲封神演義が題材の超最新コマンド爽快RPG!

有名なラグナロクの原作者である李命進(Lee Myung-jin)氏がアートディレクターとして開発された注目ゲーム。

封神演義を題材にしていて、神話好きなら絶対に楽しめるぞ!

釣りや採掘などのサバイバル要素もプレイできて、戦闘もちょうどいい難易度!8月1日にリリースされた最新のアプリだ!


▶︎ソウルアーク のレビュー記事を読む


  • ラストクラウディア
▲人と魔獣の絆の物語『ラストクラウディア』がヤバイ!

ラストクラウディアは3D背景と2Dドット絵のキャラを組み合わせた懐かしさを覚えるコンシューマーっぽさを感じるRPGだ。

序盤こそ単調なゲーム性だが、中盤以降までプレイするとドンドン楽しくなっていく。なぜなら育成にその秘密が隠されていて、「アーク」という装備が関係する。

「アーク」に封じられているスキルや魔法を解放することで、それを装備したキャラがそのスキルや魔法を使えるようになる。これはつまり、ソシャゲ特有の「キャラ毎の属性」を撤廃していて、自分の好きなキャラを自分の好みにカスタマイズできるというわけだ。

序盤の不自由さこそマイナスの点だが、進めていけばそれを上回る楽しさがあるのでぜひ遊んでみてほしい!


▶︎ラストクラウディアのレビュー記事を読む

  • キングスレイド
▲超本格派大迫力のリアルタイム3DバトルRPG『キングスレイド』を体感せよ!

「キングスレイド」はキャラ1体あたり約5000円で購入出来るやや大人向けのゲーム。キャラをガチャで手に入れるゲームとは異なり、5000円払えば確実に手に入るので、優しいといえば優しい。

ただ、ゲームをしていれば無課金でもキャラを手に入れることは可能。3週間で1体というペースでキャラを中に引き入れることができるので、課金は時短だと思ってほしい。


▶︎キングスレイドのレビュー記事を読む