はっぴーグラス 攻略 251〜260


ハッピーグラスの攻略記事。この記事ではレベル251〜260の攻略方法を紹介しています。

【PR】
スマホゲーの限界を超える?『ブレイドエクスロード』がこの秋リリース予定!

・ブレフロ、FFBEなど幾多の名作スマホRPGを手掛けた、早貸久敏が監督を務める新作RPG

・圧倒的なシナリオボリュームとそれを演出する高グラフィック3Dシネマ

・アクションゲームさながらのカメラワークとコマンドバトルの戦略性を融合した新感覚リアルタイム3Dバトル

・青二プロダクション全面協力!豪華声優陣によるキャラクターが登場。



同時に事前登録キャンペーンも開催中だゾ!先行プレイ体験の抽選と課金アイテムがもらえる!

ツイッター・ライン・ユーチューブ・メール・グーグルプレイで登録が出来るのでこの機会にこちらから登録してみよう。




レベル251〜260の攻略方法



レベル251攻略

ハッピーグラス 攻略 251

そのままだと回転体『Z』が揺れてグラスの左右に水が飛び散ります。左右に水を受け止めてグラス内に跳ね返してくれる壁を書いて対策しましょう。



レベル252攻略

ハッピーグラス 攻略 252

水が閉じ込められてしまいます。水が放出しきってから上から物体を書いて落とすと水がグラスに入ります。ただし物体がグラスに入って邪魔をしないよう、大きめに書くといいでしょう。



レベル253攻略

ハッピーグラス 攻略 253

玉がグラスに向かって落ちてきます。それを防ぐために長い線を書きましょう。



レベル254攻略

ハッピーグラス 攻略 254

逆さまに落ちるグラスの向きを変えつつ水を誘導する線を描きましょう。



レベル255攻略

ハッピーグラス 攻略 255

回転を防ぐための線を描きましょう。線を蛇口に引っ掛けて線と回転体でグラスを挟む感じで。



レベル256攻略

ハッピーグラス 攻略 256

邪魔をするのは上と右の板。グラスに入らないように画像のようなガードを描きましょう。



レベル257攻略

ハッピーグラス 攻略 257

回転体2つが途中で止まるようにストッパーを書きます。上と下に上手くハマると回転が止まってグラスに水が注がれます。



レベル258攻略

ハッピーグラス 攻略 258

グラスを半回転させて立たせます。線は右に倒れないように、左に倒れるように書きます。線の形は画像を参考にしてください。綺麗に決まるとグラスは上手く立ちます。



レベル259攻略

ハッピーグラス 攻略 259

線を書いて右上の赤い面にグラスを挟んで固定すると上手くいきます。



レベル260攻略

ハッピーグラス 攻略 260

回転体『H』の回転をまずは止めましょう。そのあとすぐに玉の上からグラスに線を書いて水を誘導します。






ハッピーグラス攻略wikiページへ



タッチペンでノンストレス

関連記事


ゲームアプリ紹介コーナー

  • ラストクラウディア
▲人と魔獣の絆の物語『ラストクラウディア』がヤバイ!

ラストクラウディアは3D背景と2Dドット絵のキャラを組み合わせた懐かしさを覚えるコンシューマーっぽさを感じるRPGだ。

序盤こそ単調なゲーム性だが、中盤以降までプレイするとドンドン楽しくなっていく。なぜなら育成にその秘密が隠されていて、「アーク」という装備が関係する。

「アーク」に封じられているスキルや魔法を解放することで、それを装備したキャラがそのスキルや魔法を使えるようになる。これはつまり、ソシャゲ特有の「キャラ毎の属性」を撤廃していて、自分の好きなキャラを自分の好みにカスタマイズできるというわけだ。

序盤の不自由さこそマイナスの点だが、進めていけばそれを上回る楽しさがあるのでぜひ遊んでみてほしい!


▶︎ラストクラウディアのレビュー記事を読む

  • キングスレイド
▲超本格派大迫力のリアルタイム3DバトルRPG『キングスレイド』を体感せよ!

「キングスレイド」はキャラ1体あたり約5000円で購入出来るやや大人向けのゲーム。キャラをガチャで手に入れるゲームとは異なり、5000円払えば確実に手に入るので、優しいといえば優しい。

ただ、ゲームをしていれば無課金でもキャラを手に入れることは可能。3週間で1体というペースでキャラを中に引き入れることができるので、課金は時短だと思ってほしい。


▶︎キングスレイドのレビュー記事を読む

  • アズールレーン
▲かわいいキャラがたくさんのシューティングアクションゲーム!

もうすぐ2周年記念イベントが開催されるアズールレーン。

個人的には艦これよりもやることが多くて面白いのでオススメ。

結婚はもちろん、着せ替え機能や部屋機能もあってキャラを愛する楽しさがあるぞ!


▶︎アズールレーンのレビュー記事を読む